大空のくも様、納品しました

【ヤドリギ】
時期的にギリギリだったので、クリスマス物としては唯一のエントリー。
ぶら下げる用の丸カンも付いていますし、コップや空いている花瓶に挿して飾っても可愛いと思います。

しかし、ヤドリギの下でキスをするのってどういうノリなのかしら??
と思っちゃったのでググってみたら……

元々は、ケルト神話や北欧神話では、ヤドリギは幸福や幸運をもたらす聖なる木として縁起の良い植物と言われているのが由来とされている言い伝えですが、現代においては、ヤドリギの下では、例え出会ったばかりの男女でもキスをしなければならないとか、ヤドリギの下でキスをすれば永遠に幸せになれると言った風習になりました。

ほ~ん、なるほど。
(・∀・)イイネ!! 

と思っていたら、こんな一文が……

欧米では、クリスマスリースとして使われるヤドリギには、「ヤドリギの下では、キスを拒むことはできない。もし拒んでしまったら翌年結婚のチャンスはない」という言い伝えがあります。

なんか急に口調がキツない?!!
ほんでメチャクチャ怖いやん!!!!!






ヤドリギ伝説の動揺冷めやらぬ感じですが、気を取り直して……
ここからはお正月飾り。

【花餅ピック】
昔商店街の街灯とかにむっちゃついてたアレ。
まっすぐでもグニャンと曲げても可愛いと思います。

花餅ってなんのためにあるのかしら?
と思ってこちらもググってみたら……

餅花(もちばな)とは、日本の一部地域で正月とくに小正月に、ヌルデエノキヤナギなどの木に小さく切った団子をさして飾るもの。東日本では「繭玉」(まゆだま)の形にする地域が多い。一年の五穀豊穣を祈願する予祝の意味をもつとされる。左義長の行事で飾ったり、食べたりする地方も多い。

今年はいろいろと災害の多かった一年だったので、ガラス花餅を飾って日本の農家の皆さんの2019年の五穀豊穣を祈願しましょう!!






【亥(イノシシ)】
今年で3年目の干支シリーズ。
納品を待っていてくださったお客様がいらしたようですごく嬉しかったです!






【富士山】
下の木板が60×60のミニミニ富士山です。
正月飾りってわけじゃないけど、なんか…めでたいじゃん!!?






ここからは日常品。

【一輪挿し】
シンプルに。
スッキリと。






【サボテンピック】
リクエストをいただいていましたので作ってみました。
空いている小さめの鉢に土だけ入れて、このピックを挿しておくのも可愛いと思いますよ。
(棒はお好きな長さにカットOKです。)






【ジョーロピック】
追加制作しました。






【ハウスピック】
こちらも追加制作しました。






てなわけで、
情けないことに5月以来の納品となってしまいましたが、
お客様のリアクションも上々のようですごく嬉しいです。



そして本日

こちらの3点を追加納品してきましたので、
気になるものがある方はぜひ大空のくもさんへお立ち寄りください。




お庭を楽しむ雑貨・エクステリアデザインのお店
大空のくも(soranokumo)
http://www.sora-kumo.com/




(おまけ)
追加納品に伺ったのが
大空のくもさんのclose時間の17時だったので

ライトアップされていてすごく綺麗でした。
可愛い♪♪